大阪市北区の矯正歯科専門医、成人矯正、舌側矯正、インプラント矯正、
顎関節症、子供の歯並び等のご相談は、香川矯正歯科 梅田オフィスへ

所在地:〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目10−2 幸田ビル3階

  • [診療時間]
  • ●開院日<月・木・金・土・第1第3火曜日>
    10 : 00~12 : 00、14 : 00~19 : 00
    ※院長診療日:第2第4《月・木曜日》、第1第3《火・土曜日》
    ※副院長診療日:その他の《月・木・金・土曜日》
  • [休診日]
  •  日・祝・水・第2第4第5火曜日
  • <一部振替診療を行っています>

HOME > 子供の矯正

《子供の矯正》

矯正治療を始める時期

小児矯正(子供矯正)では、お口の状態により治療目標が異なります。
小児矯正は、開始する時期の違いによって1期治療と2期治療に分けることができ、1期治療は4~5歳の乳歯だけの時期から11歳くらいまでの永久歯と乳歯が混在している時期までの期間です。
2期治療は生えそろった永久歯全体の噛み合わせを整えるための治療です。

1期治療ではあごの骨のバランスや大きさを整える骨格矯正で、いわば土台を整えるのを主目的としています。
2期治療はすべての永久歯の位置を整えるため本格的矯正装置による治療です。

小児矯正の治療時期の目安

1期治療(骨格矯正)・・・4歳~11歳

2期治療(歯列矯正)・・・11・12歳~成人

1期治療について

1期治療はまだ小さく柔軟なお子様のあごの成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。
このことでなるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることができます。さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もあります。
1期治療を大きく分けて4~5歳の乳歯だけの時期と6歳から
11・12歳までの乳歯と永久歯が混在する混合してる時期に分けられます。

2期治療について(永久歯が生えそろった時期)

11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う全体的な矯正装置を用いて歯並びと噛み合わせを整える治療です。 すべての不正咬合が治療対象になりますが、例外的にあまりに骨格的に前後、左右などのバランスがずれてしまっている患者さんでは成長が止まるのを待って外科矯正を行う場合があります。

歯が悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因としては、遺伝的要因と後天的要因の2つに分けられます。
歯並びに大きな影響があるのは遺伝的要因ですが、悪い歯並びは多くの要因が相互に
影響しあい成長の中で現れます。

詳しくはこちら

  • カウンセリングご予約
  • 診療カレンダー
  • よくある質問
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ募集

[ 新着情報 ]

2015.7

治療ユニットを4台、新しくしました。
舌側矯正治療をますます快適にお受け頂けるようになりました。

2015.4

副院長は小山先生から川嶋先生に変わりました。

2013.4

小山矯正歯科クリニック大阪北区診療所が香川矯正歯科梅田オフィスに名称変更しました。院長が香川正之先生となり、小山先生はしばらくの間副院長として勤務されます。